介護サービスまとめ

在宅系介護サービス

現在提供されている介護システムサービスは大きく分けて在宅系と施設系の2種類に分類できます。
在宅系介護サービスは、自宅療養している高齢者のもとを訪問、もしくは通所で介護のサービスを提供する形式です。

訪問の場合には、訪問介護や訪問看護などがあります。
もしくは訪問入浴や訪問リハビリテーションのようなある特定のサービスに特化した事業所もあります。

高齢者の方に施設に来てもらう通所サービスもいくつかみられます。
デイサービスの場合、食事やレクレーション、入浴サービスを実施します。
最近ではデイサービスの中でも細分化されていて、認知症の方に特化したサービスもあります。
デイケアの場合、老人保健施設や医療機関が主催していることが多いです。
理学療法士や作業療法士がリハビリを行います。

宿泊型でもショートステイのような短期的な入所をする施設もあります。
介護施設や医療機関が宿泊先を提供する形を取ります。

その他には福祉用具貸与や販売サービスを実施しているところもあります。
また高齢者の場合、住宅内の事故によるけがなども考えられます。
そこでバリアフリーのための住宅回収業者の中でも、介護サービスに力を入れている業者も見られます。

施設系介護サービス

施設系介護サービスは、入所してもらって施設内で生活してもらいます。
そして施設内にいるスタッフが、さまざまな介護サービスを必要に応じて提供する形になります。

施設系介護サービスにもいくつかのタイプがあります。
特別養護老人ホームは、常時介護の手の必要な高齢者を対象にした施設です。
それぞれの状況に応じて、必要な介護を行います。

老人保健施設は、病院に入院して退院したけれどもまだ介護が必要な人を対象にした施設です。
リハビリを中心として、医療サービスや介護サービスを提供します。
あくまでも自宅に戻り生活復帰できるようにサポートするのが目的です。

介護療養型医療施設も含まれます。
医療法で定められた療養病床が提供されています。
そして介護の他にも医学・看護的見地から必要な医療サービスの提供を目的にした施設になります。

高齢化が進む中で深刻視されているのが、認知症患者の増加です。
この認知症患者を対象にした施設にグループホームがあります。
最大で9名の認知症患者をグループにして、アットホームな環境の中で共同生活を営みます。
必要な介助などは、スタッフが担当します。

有料老人ホームは、日常生活を送るにあたって必要なケアやサポートの受けられる施設になります。
介護保険に基づくと、居宅サービスに区分される施設です。
このようにいろいろな介護サービスがありますので、それぞれのケースに合ったサービスを受けることが重要です。