a

低価格で便利!ASP介護システムとは

ASPとは何か?

高齢化社会が進んでいく中で、介護サービスの問題がしばしば議論されます。
より便利に介護サービスの提供ができるように、いろいろな工夫がなされています。
その中でも注目されているのが、ASP介護システムです。

ASP介護システムのASPとは、Application Service Providerの略称です。
利用する介護事務所がインターネットを使ってサーバーに接続します。
そしてサーバーは国保連と連携して、請求データの送信をします。
すると国保連からは、審査結果や支払い通知がサーバーに送られます。
このサーバーから介護事務所は各種情報を得て、介護サービスの利用者に請求書や領収書を出力します。

オンラインショッピングを利用している人はいませんか?
このネットショッピングに近いシステムといえます。

ASP介護システムのメリット紹介

ASP介護システムのメリットとして見逃せないのは、気軽に導入できるところです。
システム導入するにあたって、特定のソフトウェアを購入する必要がありません。
しかも月額利用料金制をとっているため、無駄なコストをカットできます。

またライセンス数の制限なども特別決められていません。
このため一つの事業所で何台ものパソコンで同時に利用できます。
インターネットに接続できる環境であれば、原則どこでも利用できるところもメリットといえます。
事業所の他にも自宅などの訪問先でも、操作可能です。
ノートパソコンをケアカンファレンスに持ち込んで、その場で必要な情報を入力することもできます。

システム導入といわれると、メンテナンスが大変そうといったイメージを持つ人もいるでしょう。
しかしまず導入はネット回線とパソコンがあれば、すぐに利用できます。
パソコンをネット接続して、指定するIDとパスワードを入力してログインすれば、すぐに利用できます。
メンテナンスに関しては、ASP介護システムの運用会社が担当します。
ですからバージョンアップした場合でも再設定し直す必要もないです。
自動的に最新バージョンを今まで通りに利用できるわけです。

いざというときのサポート体制

ASP介護システムを利用する中で、使い方がわからなくなることもあるでしょう。
その場合には専用のヘルプデスクがあります。
ファックスやメールを使って問い合わせができ、できるだけ速やかに回答してくれるはずです。
先ほども紹介したようにASP介護システムの場合、何台も同時に利用できる点が特徴の一つです。
このため、専用ヘルプデスクが皆さんの画面を見られるわけです。
よって性格で素早いサポートができるわけで、もし困ったことやわからないことがあれば、気軽に相談してみることです。